ESP32でBLE通信#0|前準備編 BLEタグの動作を確認する

ESP32でBLE通信#0|前準備編 BLEタグの動作を確認する

ESP32を使用したBLE通信を行う内容を紹介したいと思いますがその前に、

今回は前準備として、BLEタグをスマートフォンで認識させて動かせるところまでを確認します。

用語解説

BLEとは

BLEとは、無線通信の手段のひとつになります。
Bluetooth Low Energyの略称となっており、その名前の通り、消費電気量の少ない無線通信になります。

ひとつ前のLow Energyが付いていない「Bluetooth」というのもありました。
Bluetoothは、BLEと比べると、データ量は多くスピードも速いのですが、省エネではありません。
水道の水に例えると、BLEはポタポタと細かい水滴を出すイメージで、Bluetoothは蛇口全開で出しているイメージになります。

Bluetooth4.0から、BLEが対応されております。互換性はある程度保たれてはいるのですが、例えばイヤホンなどのデバイス側のほうが、ホスト側本体よりバージョンが高いと使えない場合があります。

ESP32とは

安価で、WiFiやBluetoothを搭載しているマイコンボードになります。
USBでPCと接続すればプログラムの書き換えや動作ログの確認ができたりします。

ゼロからマイコンと基板を組み立てる必要がありませんので、ちょっとした動作確認や試作品の作成に便利です。

Arduino IDEを使えば、土台がいくつもの用意されておりますので、プログラミングも簡単に行えると思います。

ひとまずBLEの動作確認

スマホでBLEタグ(スマートタグ)が使えるか確認してみます。

今回使用するBLEタグ

今回使用したタグは「ZenLyfe スマートタグ ST02」になります。
とりあえず適当に選んでみました。

ちなみに、購入時に搭載されていたコイン電池が切れておりましたので注意が必要です。事前に予備のコイン電池を準備しておくとよいかと思います。
コイン電池の型名は「CR2032」です。100円ショップでも売っております。

スマホと接続して確認

以下、動作確認手順になります。

※ここでは、Androidでの操作の説明になります。

1.スマートフォンにアプリをインストール

  • 購入したBLEタグの公式アプリは「SwiftFinder」です。
  • スマートフォンにアプリをインストールします。
  • GooglePlayより、「SwiftFinder」をインストールします。

2.Bluetoothと位置情報を有効に設定

  • BLEは、スマホの「Bluetooth」と「位置情報」の機能を有効にしないと使えません。
    (アプリ内でも許可を要求されますので、そのときに許可をするかたちでも有効に設定してくれます。)
  • 他、本アプリの場合は、サインインが必要なため、WiFiなどネットワーク接続が必要となります。

3.アプリでサインイン

  • アプリを起動すると、サインインを要求されます。

以下、「メールでサインインする」をクリックした場合での、必要な設定情報になります。

  • メールアドレス
  • あなたの名前(任意)
  • パスワード(任意)

4.タグの追加

  • メイン画面より、下段のツールバー「物」を選択し右上の「+Add」をタップします。
  • 「Smart Tags」を選択します。
  • スマートタグ本体側の電源をONにします。(ボタン長押しで電源ONになります)
  • リストに項目が表示されますので、選択して追加します。
  • 物体の名前は任意に設定して、画面右上の「保存する」をタップします。
  • この後、写真を撮る確認メッセージが表示されますが、日本語もあやしい事ですし、左上の「スキップ」をタップします。

※位置情報を有効にするメッセージが表示された場合、「許可」します。
2.の設定は、本体の許可設定で、こちらのほうは、アプリの許可設定になります。)

5.BLEタグの操作

接続中の画面でBLEタグを操作することができます。

「リング」をタップすると、LED点灯&音が鳴ります。

  • 接続中の画面でBLEタグを操作することができます。
  • 「リング」をタップすると、LED点灯&音が鳴ります。
  • 再度タップすると停止します。
  • GPSの取得が完了すると、地図上に表示されます。

最後に

このように無線でBLEタグとスマホと通信が行えることを確認できました。

このBLEタグは、鍵とかに取付けて使うことができるみたいですね。

次回は、ESP32を使って、BLEタグの通信が行えることを確認したいと思いますので、良かったらご覧ください。

最後までご覧頂きましてありがとうございました。